単身赴任にマンスリーマンションを選ぶ人が増えている!3つの理由

単身赴任の自己負担が増えている

景気が良かった時代、単身赴任は非常に豪華な内容でした。現地には社員寮があり、もちろん家具や家電も備え付け。それどころか食堂で美味しい豪華な料理が食べられたという時代もありました。しかし近年では社員寮のある会社自体減ってきていますし、単身赴任となると期間にもよりますが現地でマンションやアパートを契約するというのが多くなってきています。そして、生活するために必要な家具や家電は一定金額以上のものは自己負担になっているケースが非常に増加しているのです。マンスリーマンションなら最初から備え付けられていますので安心ですよね。

マンスリーマンションなら契約も早い!

次に契約のスピードです。通常マンションやアパートを借りる際には当然ですが審査がありますので、それなりに時間がかかってしまいます。審査に時間がかかってしまったために引越しの手続きも遅れ、業務開始に間に合わなかったというケースも少なくはありません。マンスリーマンションの場合は基本的に前入金制ですし簡易検査なので、待たされる必要がありません。荷物も少なくて済みますので引越しの手続きもスムーズ、もしくは鞄一つで単身赴任を始めることが出来ます。

家具や家電が揃っているから快適

アパートやマンションを借りるとなると、ほとんどの場合家具や家電がありません。そのため一から揃える必要があります。一人暮らしだから多くのものはいらないと思っている方が多いのですが、冷蔵庫が無いと冷えたビールも飲めませんし電子レンジが無ければお弁当を温める事も出来ないんです。それに、地べたに座ったまま床に食事を置いて食べるというのも嫌ですよね。マンスリーマンションは最初から家具や家電が揃っていますので引越し初日から快適な単身赴任生活を送ることができます。

マンスリーマンションは月単位で入居契約を結ぶ賃貸型の集合住宅ですが、設備の損壊などのトラブルに見舞われることがあります。入居時には利用規約を確認したうえで社会的なマナーを守ることが大切です。

未分類カテゴリーの記事