保育士になるにはどうしたらいいの?その方法を紹介します!

保育士には国家資格が必要です!

保育士という仕事は、保育士免許という国家資格が必要になりますので、資格を持っていなければ保育士として働くことはできません。保育士の資格を取るためには大きく2つの方法があります。一つ目は、4年制大学、2年生短大、または専門学校などに通い、保育士養成課程を履修することです。そして二つ目は、国家試験である保育士試験を受けて合格することです。一つ目の学校に通う場合ですと、短大よりも大卒の保育士のほうがお給料は高めになります。卒業するときに自動的に免許を取得することができます。

保育士の試験とはどんなもの?

保育士試験を受験するためには、保育士養成課程を修了していなくても可能です。社会人の方でも数年働いたのちに保育士を目指して試験を受けるという方もいます。ですが、保育士試験の合格率は10%程度と非常に難度が高くなっています。保育士試験では、毎年非常に多くの方が受験しており、受験者数は4万人から5万人とも言われるほど、とても人気のある試験です。多くの方の場合、通信講座などを利用して、独学で勉強しながら試験に備えているようです。やはり試験はむつかしくなりますので、保育士養成学校に通うほうが確実に保育士になれると言えます。

保育士の就職先はいろいろあります

保育士の資格が取れると、働く場所は保育園や保育所だけにとどまらず、様々な場所で活躍することができます。例えば、児童館や託児所といった場所だけでなく、幼児教室や学童保育所といった場所でも働く機会があります。そのほかでは病院の保育所やデパートの託児施設といった場所でも働くことができます。少子化が進む日本社会ですが、外で働きに出る女性も増えています。安心して子供を預けられる場所はさらに需要が高まっており、保育士の求人も常に募集されているという状況です。自分のライフスタイルに合わせて勤務時間などを決めやすいのが保育士の利点かもしれません。

転職に最適な保育士の求人情報を選ぶときには、常勤職員の採用情報に注目するべきです。更に有給休暇の取得のしやすさや、勤続年数の長さも基準にして選ぶのがポイントです。

未分類カテゴリーの記事