サービスの充実が加速!!仕事のひとつの選択肢として考える訪問介護

訪問看護は高い評価を受けている

訪問看護ステーションは介護にかかわる分野でもサービスの提供時間の長さや回数、内容を利用者のニーズにあわせて柔軟に対応できることから非常に高い評価を受けています。特に機能強化型訪問看護ステーションは在宅医療を充実させていくために創設された分野で、訪問看護師をたくさん集め大規模で多機能型にするための第一歩といえるでしょう。小規模ステーションでは夜間のオンコールをつらく思っている看護師も多いため、この大規模多機能型になることにより負担軽減ができるメリットもあります。

新たな訪問看護のかたち

定期巡回・臨時対応型訪問介護看護は日中夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に提供し、定期巡回と臨時対応をおこなうステーションです。そのため、軽度の要介護者の単身生活や認知症が進行し地域から閉じこもりがちな高齢者であっても食事支援と服薬確認などのケア内容で生活のリズムが生まれ状態の改善や悪化の防止、病気の状況が把握できるのがメリットとなるでしょう。また、退院直後の不安定な心身状況や家族の負担を軽減できたという声も寄せられています。さらに、看護小規模多機能型居宅介護により訪問、泊りを一体的に提供するサービスも開始されており、病院看護師が転職した際に常に見える状態にないのが不安ということも解消され、看護関係者としても連携が取りやすくなったといえるでしょう。

地域で活躍するという道も

今後、ますます地域で高齢者の療養生活を支える看護、そのサービスの担い手である看護職が求められる社会となるでしょう。看護職はその知識と技術と経験をいかし自立支援や介護予防や重症化予防の視点をもって健康づくりや地域づくりにかかわる貴重な存在となり、すでに活躍している人もいます。多種多様な役割を担える看護職は大いに期待されており、病院看護職の人が転職を考えたり定年退職を迎えるときには訪問看護ステーションや看護小規模多機能型居宅介護など地域で活躍する看護職として豊富な経験を活かしてみるのもひとつの選択肢といえるでしょう。

訪問看護ステーションは現在では非常に多く求人を見つける事が出来ます。訪問看護は大切な医療機関ですので、人手が必要です。

未分類カテゴリーの記事