好印象を与えよう!バイトの面接での注意点

実は、すぐに合否は決まる?

バイトの面接後に「1週間後に合格なら返事をします」みたいなことはよく言われますよね。でも実際は面接の段階でだいたいの合否は決められてしまうものです。つまり、面接での印象でバイトに採用されるかどうかが全て判断されているといえます。バイトの面接の時間は長くて数十分といったところ。この短時間のうちに面接担当者にいかに好印象をあたえられるのかどうかが、バイト先を見つけられるかの大きなカギといっていいでしょう。

履歴書はしっかり書くこと!

履歴書はバイトの面接官の印象に大きく関わります。「たかがバイトだし、学歴だけでいいや」みたいな感じで適当に済ませていると簡単に見抜かれてしまいます。いきなり、悪い印象を与えないために、面接が始まる前から、しっかりと行える準備をしておかなければなりません。特に、応募理由といったものは面接官側も重視しているもの。実際の面接で聞かれる前に履歴書にある志望動機はしっかりと書いた上で、面接に臨むようにしましょう。

仕事に興味があるとアピールしよう!

はっきりとした口調で答えるということは誰でも分かりますよね。その他に求められているのは、「仕事について強い関心を抱いているのか」という点です。ただお金のために応募してくる人もが多いのは面接官も分かっていますが、それよりも興味を持ってくれている人のほうが長く働いてくれそうという印象を持ちます。特に、最後に聞かれるであろうバイトに関する質問には積極的な印象を持ってもらえるような質問をするように心がけましょう。

販売の求人は、土日休日に仕事ができる人におすすめです。日曜日には、時給がアップするところもあります。

未分類カテゴリーの記事