こんなに楽しかったの!?イマドキ介護職の魅力!

本当に3K?キツイ、厳しい、給料安いは間違い!

介護職のイメージは未だ身体的にも精神的にもつらく、安給料。嫌な報道があったりしますが、実際の介護現場は笑顔溢れているところばかりなんです。利用者に対して「かわいい」なんて失礼な言い方ですが、高齢者ってなんとも言えない可愛らしさがありますよね。お世話をしながら微笑んでしまう瞬間はたくさんあります。技術や知識を求められる仕事ですが、小さなコミュニケーションが働くパワーにかわります!給料が安いなんてよく耳にしますが、勤続年数を重ね、プラスαで資格をとるなどスキルアップをすることで、一般企業に負けないくらいもらっているスタッフは間違いなくいるでしょう。ただ、新人のときには仕事をこなすことで精一杯で、長続きしないことも多いため、安給料止まりで辞めていってしまう人も多いために、そういったイメージがつきやすいのでしょう。

イマドキ介護現場の裏事情

ひと昔前とは違い、今は若い世代の職員が多く、活気溢れた現場ばかりです。働く上でスタッフ同士の関係は大事ですよね。仕事内容が充実している分、愚痴を言い合ったり、飲みに行ったり、旅行に行ったり!そんな息抜きは欠かせません。スタッフでグループを作ってサークル活動をしている会社もあるようです。仲良しで夜勤業務に当たる機会があれば、夜食を持ち寄ったり交換したり、そんなことを楽しんでいるスタッフも多いです。小さな楽しみが仕事への力へ変えることは大切です。

これが介護職の魅力だ!

高齢者の介護に対して、大変なイメージを持つ方は多いですが、果たして本当にそうでしょうか。人間が残された最後の時間を過ごす時、側で支える仕事ができるなんて素敵な事だとは思いませんか?なかなか家族以外で関わることはできないことですよね。知識や技術があるからこそ、サポートすることが許されるのです。最後の生活を支えることができるのだと考えると、誰にでもできることではない貴重な仕事ですよね。相手に寄り添った介護を提供できるスキルを高めることで、より一層素晴らしい職種になるでしょう。

介護の求人数は高齢化社会の到来で急増中です。ヘルパー資格保持者や介護福祉士及び看護士等の介護現場で働ける人が不足しているからです。

未分類カテゴリーの記事